高知市立城東中学校の公式サイトです

  • 体育祭

新型コロナウィルス感染拡大にかかる部活動時間等の変更について(5月25日)

 高知市教育委員会から、「新型コロナウイルス感染症のステージ変更に係る高知市立学校の対応について(5月25日)」の通知がありました。 
 これに伴い、「特別警戒」期間中の部活動については次のとおりとします。
平日 1時間以内(活動時間)
休日 2時間以内(活動時間)で土日のどちらか1日
県内外における練習試合は禁止

新型コロナウイルス感染症にかかる学校等への連絡について

 次のような場合は、必ず学校に連絡をしてください。(TEL 088-883-7188)
◇お子さんがPCR検査や抗原検査を受けた場合は、直ちに連絡してください。
◇お子さんの感染が疑われる(例:家族がPCR検査を受けられた)ような場合も、念のため連絡してください。
 
 また、お子様が新型コロナウイルス感染症の陽性者となった場合の緊急連絡先は次のとおりです。
◇土・日祝日の連絡先 8:30~18:00(~7月31日)
 090-1175-5929・090-1175-5947 高知市教育委員会の担当職員につながります。
◇平日で、学校が代休等の場合
 088-823-9479 高知市教育委員会 学校教育課
◇上記以外については、学校に直接ご連絡ください。

学校からのお知らせについては、ブログにも随時アップしています。過去の記事については「城東BLOG」をご覧ください。

授業拝見【三野教諭】(6月11日)

3年国語では、俳句の創作に挑戦です。相手により良く伝えるために、タブレットを使って言葉を調べ、吟味し、表現を磨いていました。また、友達の俳句をモデルに考えることで、自分の俳句作りの参考にしていました。完成した俳句は、今後ホームページで紹介していきます。

授業が変わっています!(6月10日)

「授業でタブレットをどう使えば効果的か」、日々試行錯誤を重ねています。中3国語では、歳時記を使ったりや季節の俳句を調べたりしながら、俳句作りに挑戦していました。中3社会では、「世界同時テロがなぜ起こったのか」という課題の解決に取り組んでいました。

夏本番がもう間近!(6月9日)

梅雨というのに夏真っ盛。体育では、今週から水泳が始まりました。11時には室温が30度を超えたことから、今日から教室に冷房を入れました。新型コロナウイルスと熱中症の両方を予防する観点から、換気に注意しながら、エアコンを上手く活用していきたいと思います。

授業拝見【原教諭】(6月9日)

1年美術の授業では、「習ったことを生かしてアイデアスケッチを描こう」と、レタリングを使った作品作りに取り組んでいました。自分の描く文字が決まった生徒は、背景の参考となるデザインをタブレットで検索していました。美術でも、電子黒板やタブレットが大活躍です。

テレビの取材がありました(6月8日)

県の広報番組「おはようこうち」で、本校のGIGAスクール構想の取り組みの一環として3年英語の授業を取材していただきました。タブレットを活用し、自分が好きな俳句として選んだ理由を英文で書き、隣の友達に紹介しました。放映は、6月20日、朝7時45分からの予定です。

授業拝見【入木教諭】(6月7日)

3年理科の授業です。「ダニエル電池はどのような仕組みで電流を取り出しているだろうか?」という課題で、ボルタ電池との違いを考えていきました。タブレットを使い、「jambourd」に班で考えた意見をまとめ発表していきました。対話的な学びの姿が随所に見られました。

高知市体育大会壮行式(6月4日)

感染防止対策として、Google Meet(ビデオ会議ツール)を使って、体育館と教室を遠隔でつなぎ、壮行式を開催しました。各部の主将が、大会に向けての抱負をパソコンに向かって発表し、全員が教室で視聴しました。本校のGIGAスクール構想も新たなステージに入りました。

新しい授業スタイル(6月3日)

1年英語では、2人のALTが加わり、教員3人体制で、グループ別に「Who am I?」クイズが行われていました。1年家庭科では、ジャムボードを活用しての討論型授業が行われていました。「手作り弁当」より「ファーストフードのハンバーガー」の人気が高いことには驚きです。

アクティブ・ラーニング(6月2日)

「主体的・対話的で深い学び」を実現するためにアクティブ・ラーニングの授業が展開されています。1年国語の授業では、グループ協議や調べ学習などに積極的に取り組んでいました。本校では、教師が「教える」授業から、生徒が「学ぶ」授業へと授業改善を進めています。

給食の時間(6月1日)

感染症対策として、全員前を向き、「黙食」で給食をいただいています。今日の給食はピリッとショウガのきいたカツオ飯。山盛りのお代わりをしている生徒もいました。一日の中でも楽しみにしている給食の時間。みんなで笑いながら楽しく食事ができる日が待ち遠しいですね。

学力向上推進員による学校訪問(5月31日)

学力向上アドバイザーの先生に来ていただき、全ての授業を見ていただきました。プロジェクターを使った視覚的な授業や対話的な授業が展開されていました。アドバイザーの先生からは「下を向くことなく、集中して授業に取り組めている」とお褒めの言葉をいただきました。

3年生 高校説明会(5月28日)

県内15校の高等学校の管理職の先生方にお越しいただき、高校説明会を開催しました。自分の関心がある高校を四つ選び、それぞれ説明を受けました。保護者の方もたくさん参加してくれました。「しっかり話が聞ける3年生ですね」とお褒めの言葉をいただきました。

全国学力・学習状況調査実施(5月27日)

この調査は、全国的な学力や学習状況を把握・分析し、成果や課題を検証することで、各学校における教育指導の充実や学習状況の改善等に役立てることを目的に実施されています。日々の学習成果が問われてきます。3年生は、真剣な表情でテスト問題に向き合っていました。

授業拝見【竹下教諭】(5月27日)

2年社会科の授業です。「循環型農業とは、どのような農業か?」という課題で、九州各県のブランドとして売り出している「牛・豚・鶏」について、タブレットを使って調べ学習に取り組んでいました。調べ学習以外でタブレットをどう使えば効果的なのか、現在研究中です。

プール掃除(5月26日)

6月7日から予定の体育のプール開きに向けて、プール掃除を行いました。文部科学省は、「体調不良の生徒への配慮」「密接場面の禁止」「用具の貸し借りの禁止」など8つの注意事項を提示し、こうした感染症対策を講じたうえで水泳授業を実施するよう呼び掛けています。

授業拝見【水野教諭】(5月25日)

3年英語の授業を紹介します。タブレットを使い、意見共有を行いました。教員から出された4つの課題に対して、全員がチャット形式で自分の意見を英語で書きこんでいきます。瞬く間に多くの人の意見が書き込まれてきます。タブレットならではの授業が展開されていました。

授業を変える!(5月24日)

授業が変わってきています。1・2年数学は、習熟度別に分けて授業を行っています。また、数学や英語では、授業内容の定着の確認にタブレットドリルを活用しています。辞書や学校図書が調べ学習の主なツールだった国語の授業では、インターネット検索が加わりました。

個別最適化された学び(5月21日)

タブレット活用場面が多くなってきました。2年国語では、「枕草子」について各自がインターネットで調べたことを班でまとめていました。1年数学では、タブレットドリルを使って単元テストを実施していました。本校では、個別最適化を目指した授業に取り組んでいきます。

授業拝見【川崎教諭】(5月20日)

2年生数学、川崎教諭の授業を紹介します。「連続する2つの奇数の和が偶数になることを説明するにはどうしたらよいか?」という課題で授業が進んでいきました。文字式を使ったり、インターネットで調べたりしながら、課題の解決に向けて思考を深めていきました。

主体性を育てるために(5月19日)

主体性を育てるためには、「学びが、自分にとって必要であり、将来役に立つものである」という認識をいかに持たせるかが大切です。体育祭が終わり、通常の授業に戻りました。タブレット学習も本格的に始まり、「主体的・対話的」で探究的な授業が展開されています。

体育祭の振り返り(5月18日)

1時間目に、全校で体育祭の振り返りを行いました。3年生のあるクラスでは、応援合戦や競技の様子を映像で振り返っていました。その後、タブレットのGoogle for educationにある「クラスルーム」を使ってアンケートを実施しました。この機能を使えば一瞬で集約が可能です。

体育祭(5月15日)

体育祭を無事終了することができました。生徒たちの笑顔、歓声、拍手の多さが今年の体育祭を象徴していました。本当に良い体育祭でした。生徒・教職員・保護者の熱い思いが天気も味方にしてくれました。「百花繚乱」のスローガンのように、一人一人が輝いていました。

体育祭前日、舞台は整った!(5月14日)

5時間目に最後の総合練習を行いました。舞台は整いました。明日の午後から降雨予報が出ているためら、体育祭の開始時刻を9時に早め、プログラムの順序を一部変更し、13時終了予定に変更しています。明日はテレビ高知の取材もきます。開催できることを切に願っています。

GIGAタブレット活用が本格化(5月13日)

タブレットを使った授業が本格的に始まります。今までは、タブレットが必要なときに保管庫から取り出して使っていましたが、明日からは自分たちの教室でいつでも使える状態にして管理していきます。帰りの会では、全学級でタブレット使用のルールについて確認しました。

表現力を高める(5月12日)

1年英語では、本校の重点目標の一つである「表現力」を高める授業が行われていました。「ALTに自己紹介をしよう」という「めあて」のもと、「ジェスチャー、アイコンタクト、大きな声、Smile」を意識して、身振り手振りを交えながら笑顔で自己紹介の練習をしていました。

体育祭の総合練習(5月11日)

5月15日(土)の体育祭に向けての総合練習が行われました。3年生を中心に春休みから構想・計画を立てて準備を進めてきました。本番まであと4日。応援練習も熱を帯びてきて、盛り上がりも最高潮に近づいています。みんなの力で思い出に残る体育祭を創りあげましょう!

タブレットを活用した授業(5月10日)

昨年度末、GIGAスクール構想の一環で生徒一人一台のタブレットが整備されたことを受け、授業でのタブレット活用が始まりました。1年数学では、タブレットドリルを使って各自が練習問題に挑戦していました。生徒からは「楽しい。もっとやりたい」といった声が聞かれました。

自己管理能力を高める(5月10日)

月曜日は「J.Scheduler」の提出日で、担任が一人一人にコメントを書いていました。ある生徒の1週間の振り返りには、「J.Schedulerに慣れてきたので、次は色や記号も入れて書いてみたいと思います。今後の予定を書くことで、忘れ物も減ってきました。」と書かれていました。

学級活動(5月7日)

5時間目は、生徒総会に向けて、全校で同じスライドを使っての学級討議が行われました。城東中学校の良さや課題について考え、学校を良くするために生徒一人一人がどう取り組んでいけばよいか熱心に討議しました。「生徒の力で城東中学校が一新する」ことを期待しています。

授業拝見【川村教諭】(5月6日)

2年音楽の川村教諭の授業です。バッハの「フーガ ト短調」を聴き、「自分の家族がその曲を聴きたくなるような紹介文を書こう」という「めあて」で授業が進められました。「気品がある。事件が起こるような感じがする。」などと、各自が曲の良さを感じ取っていました。

教員のタブレット活用研修(4月28日)

吉岡教頭が中心になって「授業でのタブレットの効果的な使い方」について、Google for educationを使って、アプリケーションの基本的な使い方について勉強しました。教員からは「すごい機能があって活用の幅が広がる。早速授業で使ってみたい」といった声が聞かれました。

「主体的な学び」のある授業 (4月28日)

1年美術では、「暖かい、寒い、軽い、重い」といった色のイメージの違いを実際に色鉛筆を使って塗り分けていました。3年理科では、化学式やイオン式を理解するために、カードを用いた楽しそうな学習が行われていました。受け身ではなく、主体的な学びが展開されています。

「J.Scheduler」確認中(4月27日)

過去と未来をつなぐ魔法の手帳「J.Scheduler」の取組が先週から始まっています。月曜日は全校提出日で、学級担任が一人一人の手帳に丁寧に目を通していました。十分書けていなかった生徒は翌日に再提出です。何事も凡事徹底が大切です。毎日しっかり続けていきましょう。

体育祭結団式(4月26日)

5時間目に、体育祭の結団式を実施しました。校長から各色の団長に団旗を託した後、各色に分かれてセレモニーを行いました。3年生が中心となり、下級生をうまくリードする姿が見られました。5月15日の体育祭に向けて、心を一つ(一心)に、「一進」していきましょう。

爽やかな朝の挨拶運動(4月26日)

今日から3日間、生徒会執行部による朝の挨拶運動が始まりました。「一人一人の『爽やかな朝の挨拶』」で毎日が気持ちよく始まる、そんな城東中学校していきたいです。」という西村生徒会長の公約が実現できています。挨拶はされるものではなく、自分からするものです。

2年 総合学習スタート (4月23日)

2年生も総合学習がスタートしました。今日は、9月のパフォーマンスコンテストに向けて、テーマや方向性を考えていました。2年生は、今年はダンスで動画にまとめていきます。全国高校生ダンスコンテストの動画などを見ながら、全体構成のイメージを膨らませていました。

3年総合 平和学習 (4月23日)

3年生の総合学習がスタートしました。1学期は、修学旅行とパフォーマンスコンテストへの取り組みの二本立てです。今日は、長崎での平和集会に向けて折り鶴を折っていました。なぜ、折り鶴が平和と結び付けられて考えるようになったでしょうか?調べてみましょう。

「The! ムロCAN」スタート!(4月22日)

1年生は今日から1泊2日で、国立室戸青少年の家での宿泊学習です。「共に高まり、ISSHINしよう」が、このキャンプの学年目標です。9時に出発式を行い、4台のバスに分乗し出発しました。活動の様子は、随時、学校Twitterで発信していきますのでそちらもご覧ください。

良いスタートが切れました!(4月21日)

左は、3年生歯科検診の様子です。右は、デジタル教科書を活用した国語の授業風景です。授業が始まって10日が過ぎました。落ち着いた雰囲気の中、学校全体で良いスタートが切れています。1年生は、明日から室戸青少年自然の家での1泊2日の宿泊学習です。頑張りましょう。

城東33グループによる清掃活動(4月21日)

今日は、城東33グループの活動日で、学校環境を少しでも良くしようと、月に一度集まり、校舎内外の清掃活動等を行ってくれています。今日は、校舎南側のフェンス周りを清掃してくれました。生徒からも「ありがとうございます。ご苦労様です」という声が聞かれました。

良い授業とは?(4月20日)

良い授業が行われているかどうかは、生徒の表情を見ればすぐにわかります。左は音楽の授業で、教員の弾くピアノの音を一生懸命に聞き分けてようとしている様子が伝わってきます。右は理科の授業で、教員の表情を見ながら、真剣に教員の話に耳を傾けているのがわかります。

部活動発足式(4月19日)

放課後の部活動発足式では、各部の部長から決意表明が行われました。「強い部より、良い部を作っていきたい」「凡事徹底で、当たり前のことが当たり前にできる部にしていきたい」と、心強い言葉が聞かれました。心も体もたくましく成長してくれることを期待しています。

生徒の顔がよく上がっています!(4月19日)

左が2年生、右が3年生の5時間目の授業風景です。5時間目というと、昼食後で一番集中力が切れる時間帯ですが、全員が集中して授業に参加していました。授業がマンネリ化しないよう、動画を見せたり、パワーポイントで教材を用意してきたりと教員も工夫を凝らしています。

電子黒板を活用した授業(4月19日)

電子黒板やデジタル教科書を使った授業が「当たり前」に行われています。「チョーク&トーク」と言われる「教師がしゃべり続け、黒板に書き続ける」ような昔の授業から、「生徒が主役となる新しい授業」へと変わっています。授業では、生徒から質問も良く出ていました。

参観日・PTA総会(4月17日)

13時から授業参観、14時25分からPTA総会が開催されました。天気が悪い中、教室に入りきれないくらい多くの保護者の皆様にお越しいただきありがとうございました。生徒が主役となるよう工夫を凝らした授業が展開されていました。生徒たちの頑張りが伝わったでしょうか?

2・3年生も頑張っています!(4月16日)

2・3年生は、昨年以上に集中して授業に参加しています。英語の授業では、「犯人は誰だ?」という課題で、過去完了形について学習していました。本校では、「教師が教える授業」から「生徒が学ぶ授業」へと授業改善に努めています。明日の参観日は、ぜひお越しください。

1年生、緊張が解けてきました!(4月15日)

家庭科では、自分の好きな料理を使って自己紹介をしていました。英語の授業では、ALT2人と本校教員の3名で授業が進められていました。英語の研究指定を受けたことで、今年は週に2日、ALTが2名授業に入ってくれることになりました。楽しそうに学ぶ姿が印象に残りました。

ウェルカムコンサート(4月14日)

放課後中庭で、吹奏楽部による1年生歓迎の「ウェルカムコンサート」が開催されました。「校歌」「夜空ノムコウ」「マリーゴールド」「Make you happy」の4曲が演奏されました。聞き慣れた曲とあって、自然と手拍子が沸き起こるなど、とても楽しい時間となりました。

静寂の時間-朝読書(4月14日)

本校の「特色」の一つである「朝読書」が始まりました。8時30分~40分の10分間は「静寂の時間」であり、「言葉に浸る時間」でもあります。朝に読書することで、精神的なゆとりができ、心が落ち着くことから、良い一日のスタートを切ることができると言われています。

「J.Scheduler」が始動します!(4月13日)

夕自習の時間を使って「J.Scheduler」のオリエンテーションを行いました。「J.Scheduler」とは、自分の将来に向けて、過去の経験を生かしながら逆向き設計で「自己管理能力」を高めるための「魔法の手帳」です。タイムマネジメント力や実行力の向上に役立てていきましょう。

1年 緊張感漂う授業(4月12日)

1年生の教室は、最初の授業ということで、緊張感が張り詰めています。教員からの自己紹介に始まり、「なぜその教科を学ぶのか」「どうやって学んでいくのか」といった教科オリエンテーションが行われていました。「初心忘るべからず」、何事も最初の気持ちが大切です。

2・3年生実力テスト(4月9日)

新学期のスタートにあたり、2・3年生は実力テストに取り組みました。昨年度までの学びの総括としての実力テストです。全力を出し切れたでしょうか?来週からはいよいよ新しい学年の授業が始まります。気持ちも新たに、学びも「ISSHIN」させて頑張っていきましょう。

対面式(4月8日)

2時間目に、新1年生と2・3年生の対面式が実施されました。学年代表からの歓迎挨拶、専門委員会や部活動紹介が行われました。森信三氏の「人間は一生のうちに逢うべき人には必ず逢える。しかも、一瞬早すぎず、一瞬遅すぎない時に」という言葉を全校生徒に贈りました。

入学式・新任式・始業式(4月7日)

9時から入学式、14時から新任式・始業式を行いました。西村生徒会長から「一緒になって学校を一進させていきましょう」と新1年生にエールが送られました。1年147人、2年131人、3年133人の合計411名でのスタートです。今年も心を一つに学校を「ISSHIN」させましょう。

修了式・離任式(3月24日)

修了式では、各学年の代表に修了証書を手渡し、式辞では、学校評価アンケートや県版学力調査結果を使って、この一年間を振り返りました。離任式には3年生も参加し、異動される方一人一人から挨拶をいただきました。これまで本校教育にご尽力賜りありがとうございました。

三者面談 2日目(3月23日)

三者面談2日目です。学年末の三者面談ですので、この1年で頑張ったこと、できるようになったことなど自分の頑張りを振り返るとともに、来年度に向けての課題を確認しておきましょう。中庭の桜の木が半分ほど咲いています。入学式まであと2週間。咲き続けてほしいなぁ!

1・2年生 三者面談(3月22日)

今日の午後と明日は三者面談です。三学期の三者面談では、3学期の評価とともに1年間の総括を行っていきます。中学2年生では、進路決定に向けても具体的な話をしていきます。これまでの成果と課題をしっかり分析し、次の学年に向けての対策を立ててほしいと思います。

2年 愛校作業(3月19日)

5・6時間目に2年生は、愛校作業で教室のワックス剥離作業を行いました。机をすべて廊下に出し、剥離剤を使って教室の床をきれいにしていきました。窓も拭き、高い場所の汚れも落とし、教室が見違えるほどピカピカになりました。放課後にワックスをかけて完成です。

桜とタンポポ(3月18日)

中庭の桜の花が咲き始めました。例年は、入学式のころ満開になるのですが、暖冬のせいで桜の開花が早まり、入学式まではもたないかもしれません。桜の木の下には、タンポポが色鮮やかに黄色の花を咲かせています。学校教育目標の「タンポポ魂」を根付かせていきましょう。

1年 タブレット学習(3月18日)

今日は、1年生の全学級でタブレット学習を実施しました。最初に、タブレットドリルを使い、様々な教科問題に挑戦しました。担任の教員にメッセージを送る場面では、フリック入力に慣れていることもあり、キーボードでのローマ字入力に苦労する生徒の姿も見られました。

1年 愛校作業(3月17日)

5・6時間目に1年生は、愛校作業として教室のワックス剥離作業を行いました。机をすべて廊下に出し、剥離剤を使って古いワックスを落とす作業です。みんなで力を合わせ、一生懸命取り組みました。放課後、美化委員がワックスをかけて終了です。とてもきれいになりました。

2年 タブレット学習(3月17日)

来年度からのGIGAスクール構想を見据え、タブレット学習を実施しました。最初に、タブレットドリルを使い、全員で数学の問題に挑戦し、その後、各自が教科や単元を選び、様々な問題を解いていきました。初めての学習でしたが、集中して学習に取り組むことができました。

「学びを止めるな!」(3月16日)

3年生が卒業しても、1・2年生の学びは続いています。英語では、ALTのエヴァン先生からアメリカの卒業式について紹介してもらい、日本とアメリカの文化の違いについて話し合いました。美術では、来年度から使う自主学習ノートのタイトル文字のデザインを考えていました。

3年 卒業制作(3月15日)

1階保健室前の廊下には、3年生が美術の授業で制作した「後輩へ贈る漢字・自分ポスター」が掲示されています。また、卒業式の会場には、総合的な学習の時間に制作した「折り鶴アート」が展示されていました。3年生が「漢字」に込めた思いを受け、しっかり頑張りましょう。

1・2年 過去問にチャレンジ(3月12日)

1・2年生は午後登校し、過去問に挑戦しました。1年生は、理科・社会の県版学力調査問題に、2年生は、国語・数学の全国学力調査問題にチャレンジです。「できなかったこと」が「できるようになる」ことが「学び」の本質と言えます。できる部分を増やしていきましょう。

第65回 卒業証書授与式(3月12日)

卒業生と保護者だけが集う卒業式となりましたが、無事開催できたことをうれしく思います。式辞では、「箸よく盥水を回す」という言葉を卒業生に贈りました。形見くんの送辞、永易くんの答辞も立派でした。多くの保護者の皆様から祝福され、穏やかで心が和む卒業式でした。

3年 卒業式練習(3月11日)

明日の卒業式を控え、3・4時間目に卒業式の総合練習を行いました。3年生の登校日もあと1日になりました。校長式辞の場面では、「有終の美を飾ってほしい。良い卒業式だった、素晴らしい3年生だった、と皆さんから祝福してもらえるような卒業式にしよう」と声をかけました。

2年 英語の授業(3月11日)

2年英語では、「こんなものがあったらいいな」という商品を考え、英語でCMを作って、ALTのカイリ先生(アメリカ)にプレゼンしました。「空飛ぶ車」や「頭が良くなる薬」などの商品があり、カイリ先生からは「クリエイティブな発表だった」と高く評価していただきました。

3年 クラスマッチ(3月10日)

5・6時間目、3年生はクラスマッチを実施しました。男子は、アルティメット、女子はバレーボールです。男子は大きな声を出して楽しそうにフライングディスクを追いかけていました。女子は、徐々にラリーが繋がるようになってきました。最後にいい思い出ができましたか?

3年 愛校作業(3月10日)

3年生は、3・4時間目に愛校作業を行い、お世話になった教室をピカピカに磨き上げました。壁掛け扇風機は分解し、カバーや部品を丁寧に清掃しました。最後に、教室の床にワックスをかけて完成です。「立つ鳥跡を濁さず」、これで気持ちよく卒業の日を迎えられそうですね。

城東33グループによる清掃活動(3月10日)

今年度最後の活動日です。「城東33グループ」は、月に一度集まり、本校の校舎周辺の清掃活動等をボランティアで行ってくれています。今日は、12日の卒業式に向けて会場となる体育館周辺の清掃活動をしました。この一年間の清掃活動、本当にありがとうございました。

英語の授業(3月9日)

1年英語では、新しいALTのエンジェル先生(オーストラリア)から自己紹介をしてもらった後、英語を使って楽しそうに質疑応答をしていました。2年英語では、「こんなものがあったらいいな」という商品を考え、「英語でCMを作ろう」という学習に取り組んでいました。

タンポポが咲いた!-春のお便り-(3月8日)

「中庭にタンポポの花が2輪咲いています!」と教員から報告があり、早速、第1号のタンポポを撮影してきました。本校の学校教育目標の言葉にある「タンポポ」の花が、3年生の門出を祝福してくれています。学校玄関脇のチューリップもきれいに咲き始め、本格的な春の到来です。

3年 中学校最後の給食(3月8日)

3年生にとっては、城東中学校での最後の給食です。今日のメニューは、「紫ご飯、鶏のから揚げ、紅白なます、魚そうめん汁、イチゴのタルト、牛乳」です。3年間食べてきた城東中学校の給食はどうでしたか?調理員の方々に感謝の気持ちを持って、美味しくいただけましたか?

1年 総合的な学習の時間発表会(3月5日)

6時間目に、1年総合「城東発見」の学年発表会を実施しました。各学級から2グループを選抜し、合計10グループの発表です。帯屋町や日曜市、オーテピアや交通公園などを題材に、「利用者を増やすために」「観光客に向けて」といった解決策や提案について発表しました。

1・2年生 期末テスト2日目(3月4日)

期末テスト2日目です。期末テストは3日間で9教科のテストを行います。どの生徒も、時間いっぱい最後まで問題に取り組んでいました。テストもあと1日、最後まで精一杯頑張りましょう。3年生の高校入試もあと1日です。明日の面接の準備をしっかり整えておきましょう。

1・2年生 期末テスト1日目(3月3日)

3月3日は、「み(3)み(3)」の語呂合わせから「耳の日」と呼ばれ、「桃の節句」「ひな祭り」の日です。1・2年生は、今日が期末テストの初日とあって、テスト問題と真剣に向き合っていました。3年生は、明日から公立高校の入試が始まります。全力を出し切りましょう。

不登校支援委員会(3月2日)

校区の3小学校の先生方に参加していただき、不登校支援委員会を開催しました。SCやSSW、高知市教育研究所、不登校対策アドバイザーなどと協力しながら、本校の不登校生徒の減少を目的に毎週行っていて、今日の会では、小学校との情報共有や連携の大切さが確認されました。

パワーアップ教室(3月1日)

2月が「逃げ」、早くも3月です。放課後のランチルームには、30人以上の生徒が集まり、自主学習に励んでいました。3年生は3日後に控えた公立高校入試に向け、お互いに問題を出し合って勉強していました。1・2年生はあさってからの期末テストに向け全力で頑張りましょう。

1年総合的な学習の時間(2月26日)

1年総合「城東発見」では、各学級で発表会が行われていました。テーマは、日曜市、帯屋町、弥右衛門公園、高知駅、堀川、城東地区の歴史など、城東校区の「お宝」が中心です。発表で大切なことは「言葉を届けること」です。聞いている人にあなたの言葉は届いていますか?

2年総合的な学習の時間(2月26日)

6月の九州修学旅行に向けた本格的な事前学習が始まり、2日目の長崎での班別自主研修の内容について各班で検討していきました。旅行雑誌やインターネット、地図などの情報を活用し、観光名所や昼食場所、経路などを考えていきました。活発な話し合いが行われていました。

3年総合的な学習の時間(2月26日)

3年総合「卒業制作」の「折り鶴アート」が今日で完成します。「動物園のジオラマづくり」もほぼ完成しました。3年生が卒業式までに登校できる日数はあと10日。「有終の美」とは、「最後まで立派にやり遂げる」ことを言います。花道をしっかり飾ってほしいと思います。

3年面接練習(2月25日)

公立高校入試まであと1週間。3年生は、最後の面接練習を行っていました。緊張感がただよう中、志願理由や自己PRなどの質問に、自分の思いや考えを相手に伝えようと、丁寧に答えていました。必ず聞かれる質問に対しては、しっかりと対策を立て準備しておきましょう。

期末テスト(2月24日)

今日から3年生は期末テストです。3月4日からの公立高校の入試を控え、ラストスパートの1週間です。1・2年生は、今日からテスト発表期間に入ります。定期テストの目的は、点数だけではなく、どの分野の理解が足りなかったのかを知り、しっかり振り返ることにあります。

今日は「猫の日」(2月22日)

2月22日は、「ニ(2)ャン」が三つ重なることから「猫の日」だそうです。「ネコの目で見守る子育て-学力・体力テスト日本一!福井県の教育のヒミツ」(太田あや著)という本には、「過干渉になりすぎずネコの目で見守る距離感が大切」と子育ての秘訣が書かれています。

総合的な学習の時間(2月19日)

2年生は、修学旅行に向けた「平和学習」の一環として、NHKの「長崎の鐘は鳴り続ける」等のビデオを視聴した後、平和について考えを深めていました。1年生は「城東発見」というテーマで、来週の発表会に向けて、各班で調べてきたことを一枚の模造紙にまとめていました。

うっすら雪模様(2月18日)

昨日からの雪で、今朝の中庭はうっすら雪が積もっています。登校すると、雪だるまを作っている生徒がいて、かわいい雪だるまができていました。雪だるまは、既に江戸時代に存在していたようで浮世絵にも描かれています。英語では「snowman(スノーマン)」と言います。

学力向上推進員訪問(2月17日)

高知市学力向上アドバイザーの先生方に、全クラスの授業を見ていただきました。プロジェクターを効果的に活用するための工夫や、生徒同士が教え合う対話的な場面が見られました。アドバイザーの先生からは「教室の雰囲気がとても良い」とお褒めの言葉をいただきました。

城東33グループによる清掃活動(2月17日)

今日は、「城東33グループ」の活動日です。学校環境を良くしようと、月に一度集まり清掃活動等を行ってくれています。今日は、校舎周辺をきれいにしてくれました。「見返りを求めず、人のために行動する」ことは本当に難しいことです。頭が下がる思いでいっぱいです。

タブレット研修(2月16日)

放課後、高知市教育委員会主催のタブレット研修をオンラインで全教員が受講しました。GIGAスクール構想で、生徒一人一台のタブレットが整備されることから、まずは教える教員が使えるようになるために本研修を実施しました。情報化が進む中、教員も日々勉強しています。

特別支援教育アドバイザー訪問(2月16日)

高知市特別支援教育スーパーバイザーによる学校訪問が行われ、5時間目の授業を参観しました。きらり学級では、生徒が販売員やお客さんになり、買い物学習に取り組んでいました。販売員としてのあいさつや、買い物のお釣りの計算など、生きた学びがたくさんありました。

2年生 立志式(2月13日)

体育館では、中学2年生の「立志式」が行われました。緊張感漂う中、生徒全員が、一人ずつマイクに向かって「自分の夢や目標」を発表し、最後に高知市教育委員会の溝渕課長から講評をいただきました。式辞や写真等については、ホームページの「学校行事」をご覧ください。

参観日(2月13日)

1年と3年は参観授業です。1年は「防災学習」で南海地震を想定しての「避難所運営模擬訓練」を行いました。3年は「人権学習」で、面接ロールプレイなどを行ったり、1970年初めの入社志願書と現在の全国統一応募用紙を比べたりしながら、就職差別について深く考えました。

明日は参観日・立志式です(2月12日)

2年生は、体育館で明日の「立志式」のリハーサルを行っていました。1年は「防災学習」、3年は「人権教育」をテーマに全学級で授業を公開します。生徒玄関正面の掲示板には、体育祭等の写真を掲示していますのでご覧ください。来校者は、感染防止対策にご協力ください。

特選おめでとう!(2月12日)

「第55回高知県美術教育総合展」書写の部において、1年と3年の島崎さんが姉妹揃って特選を受賞しました。行書らしい柔らかな筆遣いで書かれていて、字形もよく整っています。「毛筆特有の伸びやかな表現や行書の運筆のリズムが好き」と書写の魅力を語ってくれました。

2年学級活動「進路学習」(2月10日)

2年「進路学習」では、資料等を活用し、県内の高校の校訓や進学先、部活動などについて班ごとに画用紙にまとめました。「小津高校の生徒数は何人?」「追手前高校出身の漫画家は誰?」といったクイズ形式を取り入れるなど、読み手を意識した掲示の工夫が見られます。

ハードルクリアテスト(2月9日)

夕自習の時間に、1・2年生は国語、3年生は社会のハードルクリアテストが行われました。あるクラスには、「自主学習ノートコンテスト」と称し、家庭学習として取り組んだ優れたノートが掲示されていました。こうした毎日の家庭学習の積み重ねが大きな力になるのです。

朝日写真ニュース(2月9日)

卒業式を彩るプランターの花が、玄関前を明るく飾ってくれています。先日、校区にあるネッツトヨタ南国株式会社様から「朝日写真ニュース」の掲示板を寄贈していただき、東舎西階段踊り場に設置しました。身の回りの出来事やニュースに触れるきっかけにしましょう。

3年美術ー卒業制作(2月8日)

3年美術は、卒業制作として「自分ポスター作り」を行っています。今日は「表現に合った着彩をしよう!」ということで、彩色に取り組んでいました。ポスターで人に何かを伝えるためには、形や色、画面構成の「構想」やキャッチコピーの「発想」などの力が求められます。

3年総合的な学習の時間(2月5日)

3年総合「卒業制作」の「折り鶴アート」が徐々に形になってきました。また、「動物園のジオラマづくり」も完成が近づいています。3年生として卒業式までに登校できる日数はあと23日。卒業生として「画竜点睛を欠く」ことがないよう、立派な作品に仕上げてほしいと思います。

1年総合的な学習の時間(2月5日)

1年総合「城東発見」では、3つのグループに分かれて活動しました。現地調査を行う「撮影班」、パソコン室で調べ学習を行う「調査探究班」、発表準備のための「資料作成班」に分かれての作業です。日曜市や帯屋町、からくり時計など校区には「お宝」がいっぱいあります。

英語パフォーマンステスト(2月4日)

2年英語は、初めて会ったALTから「高知のおすすめの写真スポットは?」と尋ねられ、英語を使って即興で答えていました。ブレンドン先生からは、「話そうとする意欲はあるが、相手意識を持ってコミュニケーションをとるともっと良くなる」とアドバイスをいただきました。

立春大吉(2月3日)

立春は、24節気の最初で、今で言う元日に当たり、この日には「立春大吉」と書いた厄除けのお札を門に貼っていたそうです。その前日である「節分」は、大晦日に当たるため、一年の厄を払う意味から「豆まき」が行われました。今日から春です。気分をISSHINしましょう。

理科ハードルクリアテスト(2月2日)

夕自習の時間に、全学年理科のハードルクリアテストが実施されました。テスト前の教室では、自分で教科書を見たり、友達同士で教え合ったりしながら、ハードルをクリアするために懸命に努力する姿が見られ、嬉しく感じました。「学びに向かう力」が育ってきています。

早くも「如月(きさらぎ)」(2月1日)

「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」と言うように、早くも「如月」です。寒さが厳しくて、更に衣を重ね着することから「衣更着(きさらぎ)」という言葉が生まれたそうです。「2月が28日しかないのは、どうして?」と質問されて答えられますか?調べてみましょう。

3年社会「租税教室」(1月29日)

税務署や財務局の方、税理士さんをお招きし、全クラスで「租税教室」を開催しました。「税金がなかったらどうなるか?」から始まり、税金の種類や身の回りの税金、国の財政などについて一緒に考えていきました。税について関心を持つことの大切さがよくわかりました。

県教育委員会による学校訪問(1月28日)

「不登校担当教員配置校サポート事業」に係る学校訪問があり、2時間目のすべての授業を見てもらいました。パソコン室では、プログラミングの授業が行われていました。3時間目は、不登校対策について学校から報告し、それを受けて県教育委員会から助言をいただきました。

授業拝見【町田教諭】(1月27日)

3年社会科では、7つの商品の中から希望に合った照明を選択する過程を通して、「消費者としての責任」について学習していました。一人一人が価格や性能を比較しながら、選んだ根拠を説明し、家族会議(班活動)を開き、どの商品を買えばいいかを考えていきました。

1・2年「実力テスト」(1月27日)

初めて1・2年生に5教科の「実力テスト」を導入しました。県版学力調査などで正答率の低かった問題を含め、今まで習ったすべての範囲を対象としたテストで、受験に近い形で実施しました。テスト結果に一喜一憂するのではなく、今後の対策につなげていきましょう。

授業拝見【北岡教諭】(1月26日)

1年音楽は、「浜辺の歌」を題材に「音型や強弱によってどのような曲想になるだろうか?」という課題に取り組みました。「波のように」「風のように」「昔のことを思い出すように」と各自が感じ取ったことを出し合い、そのことを意識してマスク越しに小声で表現しました。

授業拝見【入木教諭】(1月25日)

2年理科の授業は、「気象の変化と前線の関係」についての学習です。「温暖前線や寒冷前線の通過前後で、どのような天気の変化が見られるか?」という課題を、「気象変化を表したグラフと前線の模型」から考えていきました。「学びに向かう姿」が随所に見られました。

全校避難訓練(1月25日)

掃除の時間に、火災を想定しての避難訓練を行いました。放送を聞いた後、教員の指示に従い運動場に避難しました。全員が避難終了するまでの時間は約5分でした。西村生徒会長から「日頃から一人一人が意識することが大切」と講評を行いました。次は4分以内を目指しましょう。

1年 総合的な学習の時間(1月22日)

1年の総合的な学習の時間では、「城東発見」というテーマのもと、探究活動に取り組んでいます。学校図書館では、昔の街並みの写真が掲載された本を使って現代と比較したり、パソコン室では、発表する内容について、インターネットを使って検索したりしていました。

3年 卒業制作(1月22日)

3年生の総合的な学習の時間は、「卒業制作」として、全クラスで「折り鶴アート」に取り組んでいます。さらに「動物園のジオラマづくり」に挑戦しているクラスもあります。卒業式までに登校できる日数はあと33日。残りの中学校生活を充実したものにしていきましょう。

3年 新しいALTとの英語の授業(1月21日)

3年英語の授業は、ほぼオールイングリッシュで行われていました。新しいALTのスティーブン先生(イギリス)から、日本とイギリスの違いについて紹介してもらった後、生徒たちが質問をするなど、英語を使っての活発なコミュニケーション活動が展開されていました。

城東33グループによる清掃活動(1月20日)

今日は、本校の応援団「城東33グループ」の活動日です。生徒たちが少しでも良い環境で学校生活が送れるようにと、月に一度集まり、校舎内外の清掃活動等を行ってくれています。今日は、校舎北側のテニスコート周りを清掃してくれました。感謝の気持ちでいっぱいです。

2年 数学「等積変形」(1月19日)

2年数学では、2つの国の面積を変えずに境界線を引き直すことに挑戦していました。根拠をあげて説明することは難しいことですが、図形をよく観察したり、作図したりすることを通して、推論の過程を他者に伝わるように分かりやすく表現する力を身につけていきましょう。

寒い中、頑張っています(1月18日)

どの授業においても、集中して授業に取り組めています。1年英語では、ジェスチャーを加えた表現活動に取り組んでいました。3年男子の体育では、持久走でグラウンド周りを6周走っていました。寒い中、教室では、感染防止対策として窓や扉を少し開けて換気に努めています。

1年 総合的な学習の時間(1月15日)

「城東発見」の学習がスタートしました。今日は、城東地区の自慢できることについて、誰に、何を伝えていくのかを考えていきました。今後は、図書館やインターネット、現地で調べたことを、ポスターにまとめていきます。この学習では、実行力や表現力が求められます。

授業拝見【水野教諭】(1月14日)

1年英語では、新しいALTのエマ先生(イギリス)に70秒間英語でインタビューし、そこで得た情報をグループでまとめ、英語で水野先生に伝える学習をしていました。エマ先生からは、生徒たちが様々な英語表現を使い、積極的に質問ができることを高く評価してもらいました。

保健室前の掲示の工夫(1月13日)

県内では「特別警戒」が続いています。学校では、マスク着用、手指消毒などを徹底し、基本的な感染防止策に努めています。保健室では廊下に、咳やくしゃみによる飛沫の範囲を毛糸を使って実感できるよう掲示することで、マスク着用の大切さをわかりやすく伝えています。

卒業式に向けた花づくり(1月12日)

放課後、地区補導員さん4名と生徒会執行部が「卒業式に向けたプランターへの花植え作業」を行い、地区補導員さんから花の管理方法についても教えていただきました。パンジーやノースボール、デージー、プリムラなどの花が、学校の玄関をカラフルに飾ってくれています。

3学期始業式(1月8日)

気温が氷点下であることや生徒の体調面に配慮し、急遽、3学期の始業式は放送で行いました。式辞の内容は「年頭のご挨拶」をご覧ください。また、土居主幹教諭がお休みされる期間、飯田志穂先生(写真右)が代替教員として勤務することになりました。社会科を担当します。

新生徒会認証式(1月8日)

新生徒会の認証式も始業式同様に放送で行いました。認証式では、西村新生徒会長(写真左)の挨拶の後、事前に録画してあった映像を使って、新生徒会役員一人一人が抱負を発表しました。「城東中学校を『ISSHIN』させるんだ」という強い思いや意気込みが伝わってきました。

高知市学校給食会表彰式(1月8日)

高知市学校給食会主催の「ワタシ、ボクの好きな料理」において、応募総数152点の中から、1年の田中愛乃さんのアイデア「カツオのコロコロフライ ザ・高知」が最優秀賞に選ばれました。カツオをフライにしたこと、高知らしさ、2種類のソースの味などが高く評価されました。

城東中授業風景
城東中運動会リレー
城東中吹奏
城東中部活対抗リレー
城東中図書室
城東中先生スナップ
  • ブログ
  • 学校行事
  • 部活動
  • 生徒会
  • 学校応援団(PTA・地域)
城東BLOG

全学級に電子黒板型プロジェクターを導入!

 城東中学校では、2019年9月から全学級に電子黒板型プロジェクターを導入し、ICT機器を活用した新しいスタイルの授業を展開しています。
 電子黒板型プロジェクターを導入したことで、導入場面では映像等を使って、生徒の興味・関心を高める工夫が行われるようになりました。また、教員の板書等の時間が大幅に削減されることで、生徒たちが考えたり話し合ったりする時間が増え、「主体的・対話的」な授業が日々行われるようになってきました。
 城東中学校では、研究主題である「『学びに向かう力』と『伝える力』の育成-主体的・対話的で深い学びのある授業の創造-」に向けて、これからも授業を一新していきます。
 
 

「城東中学校 新しい生活様式」における授業の工夫

3密やソーシャルディスタンス等に配慮しながら、「主体的・対話的で深い学び」のある授業を実現するために、授業では様々な工夫が行われています。

簡易版パーテーション

対話的な学習の場面では、マスクをした自分の口元に下敷きやノートをパーテーション代わりに置いて対話する方法で、飛沫感染防止に取り組んでいます。

グループ学習1

グループ学習の場面では、飛沫感染防止のため、班員の机を横に並べ、全員が同じ方向を向いた状態で話し合うよう工夫が行われています。(横並び配置

グループ学習2

グループ学習の場面では、飛沫感染防止のため、班員の机をロの字型に並べ、真ん中に空間を取ることで、距離を保つ工夫が行われています。(ロの字型配置

グループ学習3

グループ学習の場面では、飛沫感染防止のため、机を一か所に合わさずに体だけを向けて話し合うことで、距離を保つ工夫が行われています。(座席移動なし

フェースシールド

英語の授業では、発音の場面において、どうしても教員の口元を見せる必要があることから、そうした場面では、フェースシールドを活用して授業を実施しています。

学校概要
行事案内
部活動
生徒
学校
学校応援団
生徒会
研究
地域・PTA
校長室(校長作品紹介)

ページ上部へ