1・2年生を対象に、高知県学力定着状況調査を実施しました。この調査は、生徒の学力の定着状況を把握し、学習指導の充実や指導方法の改善に生かすことが目的です。2月には調査結果が届きますが、本校ではすぐに自校採点を行い、今後の授業改善に役立てていく予定です。

 

体育館では、選挙管理委員会を中心に、金曜日の生徒会役員選挙に向けたリハーサルが行われていました。立候補者と推薦者は、生徒の皆さんに「城東中をどのような学校にしていきたいのか、何を頑張りたいのか」を、しっかりとわかるように言葉で伝えてほしいと思います。

 

3時間目、他校の先生方を招いて公開研究授業を実施しました。3年生は、美術で卒業制作として「自分ポスター」を作るために、自分の作品のテーマに沿った図書資料を活用して、アイデアスケッチを描いていきました。美術科でも、学校図書館活用・情報活用能力に挑戦です。

 

2年の理科の授業では、ドアノブに触ったときなどに発生する「静電気」について、実験を通してその仕組みを考えていきました。理科では、そのような現象がなぜ起きるのかを、科学的に説明できる力が求められます。日ごろから、自分の言葉で表現することを心掛けましょう。

 

高知市の学力向上アドバイザーの先生に、全クラスの授業を見ていただきました。プロジェクターを使った授業や対話的な授業が展開されていました。アドバイザーの先生からは「よく頑張っている。集中して楽しそうに授業に取り組めている」とお褒めの言葉をいただきました。

 

生徒会による歓迎セレモニーの後は、10教科に分かれての体験授業が行われました。理科では「レインボーキャベツ」を作っていました。その後は、部活動体験。中学生が小学生に優しく指導している姿がとても印象的でした。4月に再会できることを楽しみにしています。

 

1年数学は、「図形の移動を数学用語を使って説明しよう」という授業です。最初、数学用語を使って説明できなかった生徒たちが、授業後半には、数学用語を使って説明できるように変わっていき、最後は、友達の作った難問にも挑戦しました。深い学びのあるいい授業でした。

 

3年道徳の授業です。「その子の世界、私の世界」という資料で国際理解について考えました。貧困や戦争といった世界の子どもたちを取り巻く現実から、自分たちに何ができるか考えました。「見て見ぬふりをしないで現実に向き合うことが大切」という意見が出されました。

 

The ISSHIN Projectを開催しました。グランプリは3年1組、優秀賞は1年4組、2年3組、3年2組でした。各クラスの動画からは、「笑顔」「情熱」「友情」「学校愛」が伝わってきました。これからも様々なことにチャレンジしていきますので、応援よろしくお願いします。

 

The ISSHIN Project(動画コンテスト)を明日、高知市文化プラザ「かるぽーと」で開催します。放課後、体育館では実行委員がリハーサルを行っていました。生徒たちの思いの込もった動画が完成しました。三密を避け、初めて実施される動画鑑賞会。大いに楽しみましょう。